格闘技の看板作成を考える日々

柔術、総合格闘技の魅力を大分の方々に伝えるにはどうすればいいの!?

ジムの正面玄関の看板が付いたのは既報通りですが、

今度は表通りにも看板を付けることに決めました。

看板って、一番わかりやすい表現方法じゃないですか。

そこで僕は道を通った方々に格闘技の魅力を伝えるにはどうすればいいのか、ああでもないこうでもないと毎日毎日デザインなどを考えて頭の痛い日々でした。

そしてようやく看板のデザインが決定し、看板屋さんに発注を行ったのですが、数々のボツ原稿が生まれたので、そのボツ原稿をせっかくなので披露していきたいと思います。

看板ボツ原稿デザイン集(笑)

これは嫁ちゃん作成のデザイン。

なかなか良い(笑)

目を引くかな?とも思ったが、どうでしょう?

これは結構お気に入りだったけど、字が目立たないので却下。

最後まで僕の中ではイチオシのデザイン。

伝えたいことがはっきりしてて良くない?

これもなかなかお気に入り。

見やすくなった。

あれ?シンプルイズベスト?

って感じで、色々なのを考えては破棄しました(笑)。

では、看板が実際に付いたらまた報告させてもらいます。

Follow me!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA