総合格闘技の必修科目、ブラジリアン柔術

みんな使ってるブラジリアン柔術

やぁ、BLOWS OITA LIFE(ブロウズ大分ライフ)の野村です。

いやいやまさかこんなにも世の中にブラジリアン柔術が広まるとは思いませんでしたね!!

だってさ、その辺のコギャルですら「マウントを取る」なんて言葉を使うんですよ!?

マウントを取るって言葉の由来はグレイシー柔術のマウントポジションから来てるんですから!!

これはもう日本中の人々に柔術が広まったという証なんですよ。

凄いことです。

まさに偉大なり、グレイシー一族ですよね。

今や、総合格闘技(MMA)の選手はみんな柔術をやってます。

柔術なんかやった事ねぇよって言ってる人も、僕から見たら柔術をやってます。

何故なら、総合格闘技の選手はみんなマウントポジションやバックマウントを取りますよね?

マウントポジションやバックマウントを取る、取り方を知ってるって事は、もう柔術をやってるんですよ。

君も、君も、君も、あなたもみんな柔術をやってるんです。

グレイシー柔術が出てくるまでは、プロレスvs空手とか、柔道vsレスリングといった様なジャンルvsジャンルの戦いだったものが、グレイシー一族の出現で馬乗りになって殴って、嫌がって後ろを向いたところを首を絞めるっていうセオリーが出来ましたもんね。

格闘技の戦い方を体系化した一族それがグレイシー柔術であり、ブラジリアン柔術なのです。(僕の私見ですが。)

そんな総合格闘技でありブラジリアン柔術を僕たちとやってみませんか?

画像は本部の選手練習

Follow me!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA